日本語

聖書に馴染もう:聖書を読むことはほんとうに意味があるのか?

作者が本を書けば世の中は変わるかもしれません。本は良くも悪くも歴史を変えたことがありま す。 「アンクル・トムの小屋」という本は、アメリカ合衆国で奴隷制度を廃止するきっかけとなり、 アメリカの人たちに人衆差別の悪さを示してくれました。 ドイツの「Mein Kampf」(我が闘争)と言う本はドイツが死の収容所を作り、反ユダヤ主義の考え 方をすすめるきっかけとなりました。 本は世界を変える力がありますが、聖書以上に人生、国、文化を変えるものはありません。 ほぼ2000年以上前に完成させられ、今でも数百万もの家にある聖書。ギネスによると聖書は今ま での歴史上においても、世界的なベストセラーとなっている本です。しかし、有名な世論調査員 ジョージガロップさんは気づきました。アメリカ人の多くは聖書を大事に思っているに関わらず、 聖書を読んでいないということです。 私たちはなぜ聖書を読まないのでしょう? 1,189章をかけて書かれている750,000もの言葉が一つの理由なのでしょうか?教会に行って牧師 に聖書について教えてもらう方が簡単です。それともポッドキャストを聴いたり、説教の映像を見 たり...このような天才的なブログを読むことも...(笑) 私たちの忙しい生活と、今の人生で感じるいくつかの問題を思うと私たちは思うのです。なぜ私 たちは時間をかけてこんなに長くて難しそうな昔の本を読むべきなのか、と。 たくさんのクリスチャンはこのような質問を声にすることを恐れます。しかし私たちは長い年月が 経ったあとに気付き、聖書をまだ読んでいないと思い知ったとき思わず出るため息はその本音を 物語るのです。 私たちが聖書を開けることに時間をかける前、この質問に答えるべきです。この質問をまず心の 中でしっかりさせないといけません:本当に聖書を読む事は意味あるのでしょうか? 他の物には出来ない、聖書にはできることは何でしょう。 ある人は私に言いました。神を知るには聖書を読まなくちゃいけない事はない。 これは本当ですか?可能ですか? 夜空は神の偉大さを表しますが、偉大さを表すだけです。救いの道は教えてくれません。永遠の神 との関係までの道を伝えません。 理科は自然や発見を通して神の力を表します。科学者は人を宇宙に連れていく宇宙船を作ったり、 小蝿クローンつ作ることはできますが、何もないところから何かを作り出す事はできません。 … read more

聖書に馴染もう:新しいブログシリーズ

新しい一年を目の前にするほど私に喜びを与えてくれるものはありませんーあるとした ら、新しい聖書を開くことです。初めて新しい聖書を開けた時の音や、初めて触るページから来る 匂いが大好きです。 Read More